2009年4月 8日

レンタルサーバーで検索

ヤフーで「レンタルサーバー」を検索してみました。

1位 プロット レンタルサーバーサービス
プロットが運営するレンタルサーバサービス。

2位 @FIW
株式会社フューチャリズムワークスが運営。

3位 ロリポップ
paperboy&co.が運営するレンタルサーバー。

4位 マイドメイン1000
インターリンクが自信を持ってご提供するレンタルサーバーサービス。

5位 インフォジャムレンタルサーバー
株式会社インフォジャムが運営するレンタルサーバー。

6位 OCNホスティング
レンタルサーバーをお探しなら「安心」「おまかせ」のOCNホスティング。

7位 e-shopsレンタルサーバー
ハンズが運営するe-shopsのレンタルサーバー。

8位 さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットが運営。

9位 @SERVER
株式会社アライブネットが運営。

10位 ラピッドサイト
VPS仮想専用サーバ、共用サーバホスティングサービス。

現在は上記のような結果になっている。

1位のプロットは、アドガーというサービスを利用してSEOをしているようです。
アドガーのサービスは、ブログにバナー広告(テキスト広告)を貼るだけで報酬が得られるサービスのようで、ブログにリンクを貼ってもらうことで広告主(プロット)は被リンク(外部リンク)を獲得してSEO効果を出しているようです。

2位の@FIWは、「friends link」というので被リンク(外部リンク)を獲得しているみたいです。
「friends link」というのがどこが運営しているサービスなのかわかりませんでした。(もしかして自社でやっているのかな・・)

3位のロリポップは、paperboy&co.がいろんなサービス(サイト)をしているので、そこからの被リンクでSEOしてます。でも人気のレンタルサーバーなので、上位に来ても当たり前なレンタルサーバーです。

4位のマイドメイン1000も同じく自社(インターリンク)の豊富なサービス(サイト)をしているので、そこからの被リンクになります。

5位のインフォジャムはAD-CREATEのサービスを利用して被リンクを獲得しています。

6位のOCNホスティングは、やはりグループ会社の力が大きいです。グループ会社の提供するサービス(サイト)にリンクしてあります。

7位のe-shopsレンタルサーバーは、自社で提供している「e-shops カレンダー」の中に noscript でリンクを埋め込んでいるようです。これはなかなか巧妙な手口です。

8位のさくらインターネットは、やはり人気のレンタルサーバーなので、自然発生的にリンクを張られているような気がします。

9位の@SERVERは広告で被リンクを獲得しています。どうやって広告を貼ってもらっているのかちょっとわかりませんが。(自社で運営しているサイトかも)

10位のGMOが運営しているラピッドサイトは、グループ会社のほぼ全サイトにリンクが貼られているので、この効果が絶大です。

「レンタルサーバー」というキーワードは競争率が高いようで、どのレンタルサーバー会社もSEOをしているようです。ちょっとスパム的なSEOもありますが。

検索エンジンは、利用者が満足するサイトを上位に表示するように、日々検索システムを改良しているようですが、いま現在は良いレンタルサーバーではなく、SEOに力を入れているレンタルサーバーがまだ上位にきているようです。

当サイトも、しっかりと上位に良いレンタルサーバーが来るように、日々努力したいと思います。

2009年4月 2日

ドライブネットワークが完全マルチドメイン対応

4月1日よりシーポイントが運営するレンタルサーバー「Drive Network(ドライブネットワーク)」が、完全マルチドメイン化を発表しました。

ドライブネットワークのレンタルサーバーは、従来マルチドメインをオプションでしたが、今回より月額料金に含めたそうです。

マルチドメインは、1 契約で複数のドメイン名を管理できるので、複数契約していたサーバーを1つのレンタルサーバーで運営できるようになります。

ドライブネットワークに限らず、例えばさくらインターネットもマルチドメインに対応していて、とても便利です。

マルチドメインで少し気になるのが、SEOのことです。

1つのサーバーで複数のサイトを運営できるマルチドメイン対応のサーバー。

同じIPの場合、リンクを貼ってもSEO効果が少ないと言われている記事を目にしたことがあります。

そのためマルチドメイン対応でディスク空き容量もあっても、別のサーバーを契約して別のIPで運営する方がSEOには効果的ということでしょうか・・。

ドライブネットワークさくらレンタルサーバー

2009年3月31日

共用サーバーから専用サーバーへ

先日、アイルのレンタルサーバー「iCLUSTA」からファーストサーバ「ギガント2」移転したサイトの話の続きです。

このサイトは、年末のアクセス数が最も多く2008年12月のアクセス数は、月間ページビュー 3,922,394、月間ユニーク数 533,821 あるサイトです。

アイルのレンタルサーバー「iCLUSTA」では、アクセスが集中する時間帯になるとサーバー負荷が増大になり、年末になる前(2008年9月)にファーストサーバ「ギガント2」に移転しました。

移転してからは、サイトが開かないことはなくなったものの、アクセスが集中する時間帯になると、ページが開くまでかなり時間がかかるようになりました。

年が明けて、一応ファーストサーバに問い合わせてみると、やはりこのアクセス数ではこのサーバーには適していないとのことでした。

アイルで問題になった「1日の転送量」について確認の上で移転をしてあったのですが、ファーストサーバでは「1日の転送量」は特に問題にはならなかった。

このままこのサイトをこのサーバーで運用するのはやめてほしいということで、ファーストサーバの専用サーバーをすすめられました。

専用サーバーはかなり金額も高いので、しばらく悩みました。

おすすめはビギーガシリーズのビギーガ1とのこと。月額19,845円。

ギガント2は月額2,940円、その前のアイル「iCLUSTA」は月額6,300円なので、比較できないほど高い!

かなり悩みましたが、そのサイトの価値と比較したら専用サーバーが必要かも。

そして2009年3月より、ファーストサーバの専用サーバ「ビギーガ1」を契約しました。

共用サーバーのギガント2の長期で契約していたので、残金は返金してもらえるとのこと!(助かった)

無事に移転も完了して、新しいサーバー(専用サーバー)でサイトを運用しているが、まったく快適にページが開きます。

アクセス数もさらにアップして、安心しました。

もう移転がないことを祈りますが、もし別会社で低コストで快適に動作するレンタルサーバーが見つかれば、移転してみたいと思います。

やっぱり安いに越したことはないので!

ファーストサーバの良いところは、しっかりと書類を郵送して来てくれる所かと思っています。

ファーストサーバ書類
納品書、マニュアル、ネームサーバ情報、申込内容確認書、開始手順書、請求書など・・

法人で契約する場合は、こういのうがあるとちょっと安心します。

でもその分、費用が高くなっているのかと思うと、「必要ないから安くしろ~」って思っちゃったりもしますね。


2008年8月22日

ファーストサーバーへ涙の移転

もう8年も運営しているサイトがありますが、このサイトは現在アイルのレンタルサーバー「iCLUSTA」を使用しています。

このサイトは、立ち上げ当初はアクセス数も少なく海外の格安サーバーを1年使用していましたが、アクセス数が大幅に伸び、サーバーに負荷がかかるということで他社への移転を通達されました。

そのため国内の格安サーバーを1年利用しました。

ですが、さらにアクセス数が伸び、また他社への移転を通達されました。

そして現在のアイルのサーバーに出会い、アクセス数がさらに伸びても、CGIを改良しながらなんとか運用してきました。

アイルも、「iCLUSTA」のように新しいサーバーを出してきてくれたので、乗り換えながらやってきましたが、ついにまた他社への移転を通達されてしまいました。

今回はCGIが重いということではなく、1日の転送量が多いということでした。

アイルからは、ラピッドサイトのVPS(仮想専用サーバー)を薦められました。

「なぜアイルからラピッド?」ってはじめは思いましたが、ここは同じ会社だったんですね!

ラピッドサイトのVPSは、13,650円~ということなのでちょっと金額的にきびしい。

いろいろ他社のサーバーを調べ、最後にファーストサーバーにたどり着きました。

ファーストサーバーはフリーダイヤルの問合せもありましたが、電話が込み合っていてなかなか繋がらないので、まずはメールで問合せ。

メールの返事はいまいちパッとしてませんでしたので、次の日は電話で問合せ。

次の日はしっかり繋がり、いろいろ当社のサイトのアクセス状況を説明しましたが、ファーストサーバーの共有サーバーでも問題ないと思うという返事を頂きました。(保証はないけど)

ファーストサーバーのVPSについても尋ねましたが、「セルフマネージド」ということでサーバー(Linux)に詳しい方ならオススメできますが・・、といわれました。

仮想専用サーバー
ということで、ファーストサーバーの「共有サーバー」に決定!

プランは、「ギガント2」。

共有サーバー
運営するサイトは、画像も少なく容量を多く必要としないので。

とりあえず申し込み!

2~3営業日に書類が届くということです。

月額費用は安いですが、初期費用は痛いです・・。(涙)

ファーストサーバーは、見捨てないで長いお付き合いをしてほしいです。

ファーストサーバのホームページアイルのホームページ



2008年6月11日

ショッピングカート機能付のレンタルサーバー探し

先日、クライアントからオンラインショッピングサイトの制作をお願いされました。

開設時の商品点数は100点ぐらいのようですが、いずれ500点ぐらいになりそうです。

ショッピングカート機能がついているレンタルサーバーで、クライアントが要求しているプランをもっているサーバーを探してみました。

候補にあがったレンタルサーバーは、ショップサーブカラーミーショッププロおちゃのこネットです。

ショップサーブについては、クライアントから提示されたもので、競合するサイトが使用しているレンタルサーバーでした。

カラーミーショッププロとおちゃのこネットは、当社からの提示したもの。

比較してみると、月額費用はカラーミーショッププロ、おちゃのこネット、ショップサーブの順でした。

ショップサーブはかなり高い。

そして、ショップサーブは売上の3%が手数料として発生する。(他は売上手数料は無し)

ですが、ショップサーブのホームページ制作代行は、お手ごろプランのような気がする。

ランニングコストがかかるので、初期費用は抑えているのかも。

カラーミーショッププロとおちゃのこネットは、ランニングコストは少ないが、ホームページ制作を外部に出すと、そこで初期費用が発生する。(これは仕方が無いことかも)

この2社で考えると、カラーミーショッププロの方が若干月額費用は安い。

でもサーバーの容量が小さいところが気になる。

あと、商品一覧ページや商品詳細ページのURLが気になる。

例: http://buyself.jp/?pid=1354822

URLに「?」が入っているので、動的ファイルということがまるわかり。

SEO的に言われているのが、動的ファイルより静的ファイルのほうが評価がいいとか。(本当かわかりませんが)

その点で言うと、おちゃのこネット(ショップサーブも)は問題なさそうです。

例: http://www.pattern-label.com/product/65

現在、おちゃのこネットとカラーミーショッププロはお試し中です。(ショップサーブはお試しサービスがあるのかわかりませんでした)

ショップサーブカラーミーショッププロおちゃのこネット

2008年6月 9日

サーバー選びの前にドメイン選び

サイトを立ち上げるのに、まずドメイン選びからはじまると思います。

「.com」、「.net」、「.info」、「.jp」など、他にもいろいろなどメインがありますが、皆さんどれを好んで取得していますか?

私は、だいたいこの順番で空いているドメインを検索することが多いです。

「.com」、「.net」、「.info」は、登録料が安いので!

ですが、ある記事を見て今後のドメイン取得には注意しようと思っています。

先日、Googleの検索で「.info」ドメインのサイトが下落したるということが発生したようです。

それも2回も同じようなことが起きていたようです。

また、セキュリティソフトのマカフィーは、香港ドメイン「.hk」、中国ドメイン「.cn」に続き、第3位にインフォメーションドメイン「.info」が危険なドメインとみているそうです。

当社でも「.info」ドメインで運営しているサイトがありますが、今後の取得には注意したいと思います。

クライアントにも薦めないようにしようと思います。

逆に、「.jp」ドメインは安全なドメインとしてみているそうです。(マカフィー)

サーチエンジン(GoogleやYahooなど)でも、この評価が適用されたら(されていたら)、もう「.info」ドメインは取得できませんね。

取得料は高いですが、今後は「.jp」ドメインになってしまうのかも。

「.jp」ドメインというだけで、もし評価が上がり、順位も上がるのなら、ちょっとぐらい高くても苦にならないかもしれません。

もう少しドメインとSEOについては、調査が必要かもしれません。

ドメイン取得は、下記のサイトがオススメです。

ムームードメインおなまえドットコムDoレジ

2008年5月22日

IPアドレス分散サーバーってメリットあるの?

異なるIPアドレスのサイトからリンクを貼られていると、SEOになるといわれています。(真実かはわかりません)

そんなユーザーのために、IPアドレス分散レンタルサーバーというのがあることを、最近知りました。

レンタルサーバーランキングのトップページ下のあたりに掲載(バナー)している、IPアドレス分散レンタルサーバー123SERVER.JP です。

オススメしていいのかわからないため、ランキング内には掲載していません。

この123SERVER.JPを少し紹介します。

月額290円からという低料金で利用でき、クラスC以上でIPアドレスが分散できるサーバーです。

月額290円は格安ですが、安定しているサーバーなのかまだ利用したことがないためわかりません。

それと「月額290円から」とは言っても、125サーバープランというものなので、125のサーバーを利用する方には1サーバー月額290円となります。

要するに290円の125倍で、月額36,250円となってしまうのです。

これだと試しに使いたくても、なかなか契約できません。

5サーバープランの月額2300円(1サーバー460円)なら、なんとか試せるかもしれませんが・・。

いまのところ疑問の残るレンタルサーバーなので、しばらくランキングには含めない予定です。(すみません)

2008年5月14日

さくらからロリポップへ移転

昨日、ロリポップのレンタルサーバーを1契約しました。

そのサイトは、さくらインターネットのサーバーを利用してました。

さくらインターネットは、マルチドメイン機能があるので他のサイト(他のドメイン)と共用して使っていたのですが、諸事情があり別サーバーに移転することにしました。

検討した結果、以前から複数契約していて、弊社での実績のあるサーバーの、ロリポップに決定しました。

移転するサイトは、容量は必要ないのですがCGIやPHPを使用するため、もっとも最適で格安のロリポップになりました。

月額 263円なので、格安のサーバーです!

サーバー移転ということもあり、初期費用が半額になるキャンペーンも利用できました。

初期費用 3150円が1575円に!

ロリポップ初期費用半額とりあえずお試し期間が10日間あるので、その間に移転が完了すればと思いましたが、実績もあったせいか昨日の1日だけでスムーズに完了しました。

本日も問題なく動作しています。

ロリポップの契約手続きは、以前よりわかりやすくなっているような気がしました。(気のせいかもしれませんが・・)

スムーズにことが運ぶと、ロリポップの評価も上がりますね!

あまりにスムーズすぎて、本契約をするのを忘れてました。(先ほどクレジット決済にてサーバーの契約を完了しました)

スムーズに完了した理由には、もうひとつあるかもしれません。

お試し期間中に、独自ドメインの設定が出来るので、しっかりと最終動作確認まで無料で出来ます。

他のサーバー(TOK2やビーフィットなど)は、本契約をしないと独自ドメインの設定は出来ないようです。

ビーフィット
またハッスルサーバーなどは、独自ドメインを設定する前に、DNSの設定が必要となりるので、移転時のスムーズさはないように感じます。

ハッスルサーバー独自ドメインで運営しているサイトの移転は、この辺りも考慮して移転先のレンタルサーバーは選ばれた方がよいかもしれませんね。

独自ドメインのサイトを移転する場合は、格安レンタルサーバーのランキングは、現在ロリポップが1位かもしれません。(ただし、容量が必要になる場合は、さくらインターネットのほうが良いと思います。)

2008年5月12日

アイルiCLUSTAサーバーのメール障害

先日(5月9日)に、弊社のクライアントが使用しているサーバーのアイルiCLUSTAサーバーで障害が発生しました。

朝からメールの受信が出来なくなり、確認したところアイルのサーバーで障害が発生してました。

障害発生日時 2008年 5月09日(金) 09:30
障害復旧日時 2008年 5月09日(金) 12:45

昼過ぎには復旧したようですが、以前にもメールでの不具合があったため、ちょっと心配です。

以下、アイルホームページより抜粋。http://home.isle.ne.jp/support/technews/index.php
ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。
現在、iCLUSTAをご利用の一部のお客さまにて
メールの送受信が不安定な状況を確認しております。

原因等は調査を行っており、詳細等についてはおって
ご報告させていただきます。

ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

------------------------------------------------------------
【2008年05月09日 20:20】
上記不具合について詳細をご報告いたします。

[障害発生日時]
2008年 5月09日(金) 09:30

[障害復旧日時]
2008年 5月09日(金) 12:45

[対象ユーザー]
iCLUSTAをご利用の一部のお客さま

[影響範囲]
ご利用ドメイン宛のメールが届かない状況、
及びご利用ドメインにて受信作業が行えない状況が
発生いたしました。

ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げます。

以上、アイルのホームページより抜粋。

アイルは大手のサーバーで信用度は高く、サーバーの利用料も安くはありません。

クライアントが使うレンタルサーバーは、以前からもう少し格安のサーバーを検討していたので、次の更新で他社のサーバーに変更することにしました。

ですが、弊社運営の最もアクセスの多い(月間約270万ページビュー)サイトでは、まだアイルのサーバーを使用しております。

このサイトはアクセス数が多くサーバーに負荷がかかるので、他社のサーバーを転々とし、最終的にアイルのサーバーで落ち着きました。もう5年ぐらい使用しています。

2008年05月23日 にもサーバーのメンテナンスがあるようですが、障害が発生しないようにお願いしたいですね。

2008年5月 7日

さくらレンタルサーバのブログ機能障害

さくらインターネットのブログ機能(さくらのブログ)が、ゴールデンウィーク中のある期間、障害が発生していました。

期間 : 2008年5月2日(金) 7時00分頃 ~ 5月4日(日) 7時30分の間

影響があったのは、ブログの「管理者ページへのログイン」、「閲覧」、サーバコントロールパネルからのドメイン設定の「設定変更」ができなくなったようです。

基本的なウェブ機能やメール機能、ドメインの追加・削除などは、影響がなかったようなので助かりました。

さくらインターネットのレンタルサーバは格安のサーバで使いやすいので、弊社(クライアントサイトも含めて)でも多くの契約をしていますが、現在はさくらのブログ機能は使用していません。

以前は使用していたのですが、現在はカスタマイズが容易なムーバブルタイプやワードプレスをインストールして使用しているので、今回の影響は全くありませんでした。

今回はブログ機能に障害がありましたが、さくらのレンタルサーバはオススメできるサーバーです。

「さくらのブログにおける長時間の停止に関するお詫び」
http://support.sakura.ad.jp/page/news/20080504-001.news

以下、さくらのホームページより抜粋。
お客様各位

平素より、さくらインターネットをご利用頂き、厚く御礼申し上げます。

5月2日早朝に発生致しました、さくらのブログに関する機器障害に伴い、
復旧まで長時間にわたりブログが表示できない状態が続きました
ご利用のお客様には、多大なご迷惑をお掛け致しましたこと、深くお詫び
申し上げます。

今回の障害について、お客様のブログ記事を格納するディスク装置の不具合
が原因であり、当該装置の交換により復旧を致しております。
なおディスク装置については、ディスク本体の故障時でもサービスが停止する
ことなく、データの安全性も保障される構成がなされておりましたが、今回は
制御装置の故障により著しく速度が低下する状況となっておりました。
そのため、復旧作業については制御装置の交換を予定しておりましたが、
交換直後のデータ消失に関するリスクを回避するために、最新状態データの
コピー作業を行っており、復旧までに時間を要する状況となりました。

今後、原因の究明および復旧体制の検証を行い、再発防止に努めてまいります。

※調査報告につきましては、完了次第、当社ウェブサイトにおいて公表を
  させて頂きます。

平成20年5月4日
さくらインターネット株式会社
代表取締役社長 兼 最高経営責任者
田中 邦裕