2009年4月 8日

レンタルサーバーで検索

ヤフーで「レンタルサーバー」を検索してみました。

1位 プロット レンタルサーバーサービス
プロットが運営するレンタルサーバサービス。

2位 @FIW
株式会社フューチャリズムワークスが運営。

3位 ロリポップ
paperboy&co.が運営するレンタルサーバー。

4位 マイドメイン1000
インターリンクが自信を持ってご提供するレンタルサーバーサービス。

5位 インフォジャムレンタルサーバー
株式会社インフォジャムが運営するレンタルサーバー。

6位 OCNホスティング
レンタルサーバーをお探しなら「安心」「おまかせ」のOCNホスティング。

7位 e-shopsレンタルサーバー
ハンズが運営するe-shopsのレンタルサーバー。

8位 さくらのレンタルサーバ
さくらインターネットが運営。

9位 @SERVER
株式会社アライブネットが運営。

10位 ラピッドサイト
VPS仮想専用サーバ、共用サーバホスティングサービス。

現在は上記のような結果になっている。

1位のプロットは、アドガーというサービスを利用してSEOをしているようです。
アドガーのサービスは、ブログにバナー広告(テキスト広告)を貼るだけで報酬が得られるサービスのようで、ブログにリンクを貼ってもらうことで広告主(プロット)は被リンク(外部リンク)を獲得してSEO効果を出しているようです。

2位の@FIWは、「friends link」というので被リンク(外部リンク)を獲得しているみたいです。
「friends link」というのがどこが運営しているサービスなのかわかりませんでした。(もしかして自社でやっているのかな・・)

3位のロリポップは、paperboy&co.がいろんなサービス(サイト)をしているので、そこからの被リンクでSEOしてます。でも人気のレンタルサーバーなので、上位に来ても当たり前なレンタルサーバーです。

4位のマイドメイン1000も同じく自社(インターリンク)の豊富なサービス(サイト)をしているので、そこからの被リンクになります。

5位のインフォジャムはAD-CREATEのサービスを利用して被リンクを獲得しています。

6位のOCNホスティングは、やはりグループ会社の力が大きいです。グループ会社の提供するサービス(サイト)にリンクしてあります。

7位のe-shopsレンタルサーバーは、自社で提供している「e-shops カレンダー」の中に noscript でリンクを埋め込んでいるようです。これはなかなか巧妙な手口です。

8位のさくらインターネットは、やはり人気のレンタルサーバーなので、自然発生的にリンクを張られているような気がします。

9位の@SERVERは広告で被リンクを獲得しています。どうやって広告を貼ってもらっているのかちょっとわかりませんが。(自社で運営しているサイトかも)

10位のGMOが運営しているラピッドサイトは、グループ会社のほぼ全サイトにリンクが貼られているので、この効果が絶大です。

「レンタルサーバー」というキーワードは競争率が高いようで、どのレンタルサーバー会社もSEOをしているようです。ちょっとスパム的なSEOもありますが。

検索エンジンは、利用者が満足するサイトを上位に表示するように、日々検索システムを改良しているようですが、いま現在は良いレンタルサーバーではなく、SEOに力を入れているレンタルサーバーがまだ上位にきているようです。

当サイトも、しっかりと上位に良いレンタルサーバーが来るように、日々努力したいと思います。